新人の新入社員研修の途中で辞めた同期が新卒で勝ち組になる現実

ジョブライキの真(まこと)

私はジョブライキの管理人、真(まこと)。
あなたは会社や仕事に支配されていませんか?

真(まこと)の働き方診断

新人の新入社員研修の途中で辞めた同期が新卒で勝ち組になる現実

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

私、真(まこと)は、
新卒で地元で有名なホワイト企業に就職したが、
ブラック部署に配属され、
パワハラ上司のパワハラを受ける。

 

 

そして、
入社して一年足らずで会社に「辞めたい」
と宣言した。

 

 

そんな私であるが、
パワハラを受ける入社3ヶ月目までは、
本当にやる気に満ちていた。

 

 

特に新入社員研修の期間は、
誰よりも良い成績を残そうと、
積極的に取り組んだ。

 

 

新入社員研修期間中辞めた同期

私が新卒で就職した会社は、
地元でホワイト企業と有名だ。

 

コンプライアンスもしっかりしており、
ブラック企業とは真逆であるという評判があった。

 

 

新入社員研修についても、
かなりしっかりとした内容であり、
ネットでよくあるような、
カルト宗教の洗脳研修のようなものではない。

 

 

学生から社会人になるための、
基礎をきっちりと学ぶことができる、
研修になっていた。

 

 

こんな感じのきちんとした研修だったのだが、
研修期間中に研修スタッフから、
驚くことを聞いた。

 

 

同期の一人がなんと、
この研修期間中に辞めることになったというのだ。

 

 

その同期は入社して1ヶ月経たず、
会社を退職することになった。

 

 

自分に合わないからといっても、
こんなに早く・・・

 

 

今後の人生大丈夫??

 

 

とその時私は思った。

 

 

まさか、その時の言葉が、
ブーメランのように自分に跳ね返ってくるなんて、
この時は知るよしもなかった。

 

 

入社して3ヶ月目でパワハラにあう

新入社員研修が終わり、
いよいよ自分が働く部署の配属となった。

 

 

私はこの時から、
社内で有名なブラック企業に、
配属されることになってしまう。

 

 

そして、入社して3ヶ月目から、
上司のパワハラを受ける日々が始まった。

 

 

パワハラ上司の暴言に耐える、
地獄の毎日となった。

 

 

そして、「仕事辛い」
としか考えることができなくなった。

 

 

 

新入社員研修は入社1ヶ月目、
私がパワハラにあったのが、
入社3ヶ月目。

 

 

ほんの数ヶ月で、
人間ここまで気持ちが変わってしまうものかと、
思うほどであった。

 

 

@研修中に辞めた同期の賢い選択
先ほどお伝えした、
研修中に辞めた同期は、
恐らく何か研修で、
辛いことがあったに違いない。

 

 

そして、ここは自分が働くには、
ふさわしくない場所であると判断し、
新卒で入社して1ヶ月足らずで、
辞める、退職する決断をしたのである。

 

 

こういった、
新人ですぐ辞めることを、
「弱い者」と見なす人がいるが、
それは大きな間違いだと思う。

 

 

自分に合わないと察した判断力、
「辞める」と伝えることできた勇気と決断力というのは、
「弱い者」が
なかなかできることではない。

 

 

逆に私のことをお伝えしよう。

 

 

私は入社して3ヶ月目で、
パワハラを受けることになり、
毎日「仕事辛い」という気持ちでいっぱいだった。

 

 

しかし、私がしたのは、
ひたすら耐えること。

 

 

辞めるという選択肢がなかったわけではないが、
とても新卒の新人で辞めるという勇気と決断力は、
もってはいなかった。

 

 

ここは自分が働く上で、
ふさわしくない場所!

 

 

と早い段階で決めることができるのは、
凄く決意がいること、
イメージとは逆に、
凄いことでもあるのだ。

 

 

例えば、私が研修中に、
この会社何かおかしいと察し、
辞めておけば、
パワハラ上司の攻撃は、
受けずに済んだのである。

 

 

ということになると、

 

研修中に辞めることができた同期は、
良い決断をした、
ある意味「勝ち組」だったと言えるのだ。

 

 

新卒入社1年目で会社に辞めると言えた理由

私はどうなんに仕事が辛くても、
会社に「辞めたい」と伝えることは、
できなかった。

 

 

しかし、そんな私の考えを変えてくれたのが、
人材コンサルタントとの話である。

 

 

仕事で偶然出会った人材コンサルタントから、

 

今の時代、新卒で会社に就職してすぐ辞める人はたくさんいて、
早ければ、早いほど新卒として見られるので、
やり直しがきくということを聞いた。

 

 

私はこの話を聞いて勇気をもらい、
怖がらずに自信を持って、
会社に対し、

 

「仕事辞めたいです。」

 

とはっきりと伝えることができた。

 

 

結果的にこの気持ちが会社に伝わったようで、
退職までには至らず、
部署異動することになった。

 

 

その異動先の部署は、
以前の部署とは真逆のホワイト部署だった。

 

 

今ではパワハラ等は一切なく、
前向きに働くことができている。

 

 

あんなにパワハラになって、
苦しんでいた自分が嘘だったように感じるくらい。

 

 

あの時人材コンサルタントに話していなければ、
今のようなホワイトな働き方というのは、
できなかったと思う。

 

 

ほんの小さなきっかけが、
人生を変えるのだろう。

 

真(まこと)おすすめの転職エージェントはこちら



真(まこと)の転職エージェント診断


仕事辞めたい新卒・仕事辛い新人へに戻る