新卒で早期退職を考えたのは入社し新人3ヶ月目…原因はパワハラ上司

ジョブライキの真(まこと)

私はジョブライキの管理人、真(まこと)。
あなたは会社や仕事に支配されていませんか?

真(まこと)の働き方診断

新卒で早期退職を考えたのは入社し新人3ヶ月目…原因はパワハラ上司

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

私、真(まこと)は新卒で大手企業に就職したが、
入社して3ヶ月目で、
パワハラ上司の攻撃にあい、
早期退職を考えるようになる

 

 

早期退職を考えていたが辞めたいと思えなかった矛盾感

私はホワイト企業と呼ばれる企業で、
不運にもブラック部署に配属になってしまい、
パワハラ上司に毎日パワハラされた。

 

 

上司のパワハラが始まったのは、
会社に入社して3ヶ月目のことであった。

 

 

この上司のパワハラが始まった時の夜から、
私は早期退職を考え始める。

 

 

しかしながら、
「仕事を辞めたい」
とは考えることができなかった。

 

 

それはどうしてか?

 

 

なぜなら、新卒の新人1年未満で会社を辞めることに、
とてつもない恐怖があったからだ。

 

 

いつか早期退職したいという思い

「いつか早期退職したい」

 

見てわかる通り、
この言葉には矛盾がある。

 

 

いつか、退職したいのに、
なぜ、早期退職ができるのか?

 

 

だが、この気持ちに、
共感できる人は多いのではないだろうか?

 

 

できる限り早く辞めなければ!

 

辞めないと自分がどうかなってしまう!

 

 

しかしながら、現実は、
そう思うことの毎日。

 

 

「退職」仕事を辞めるというのは、
とてもハードルの高いことのように感じる日々をおくることになる。

 

 

こういった気持ちで、
ずっと働くことに満足できる人もいるかもしれないし、
中には、これこそがサラリーマン!!

 

と言う方もいるだろう。

 

毎日の辛い、通勤、満員電車。

 

積み重なる責任感とプレッシャー。

 

上司からくる圧力。

 

 

上げたらきりがないが、
こういったことは会社員なら当たり前、
と言う方は社会には沢山いる。

 

 

しかし、そういった会社員でさえ、
「早期退職」という願いをひっそりと持ちながら、
生活しているのが現実だ。

 

 

早期退職を実現できるのは新人の時だけ

この社会の闇のような「早期退職」
という言葉。

 

 

誰もが願う、

 

「仕事辞めたい」

 

このことが、
最も実現可能な期間というのが、
実は会社に入って一年目の、
新卒の新人の頃なのである。

 

 

それはなぜか?

 

 

人生のやり直しが現実的に可能な新卒の新人

よく言われる、

 

「入社して3年以上でないと、
転職できない。」

 

というこのフレーズ。

 

 

これはあくまでも、
仕事のスキルがあること前提で、
転職する場合。

 

 

しかし、新卒で会社に入ったばかりというのは、
当たり前であるが、ほとんどスキルなんて、
ないようなもの。

 

 

そのため、こういった新卒新人の転職者というのは別枠で、
ほとんど新卒の就活と同じようなものになる。

 

 

ということは、

 

逆に働く期間が少ない方が、
転職しやすいということになるのだ。

 

 

やり直しするなら、
「できる限り早い方がいい」
ということである。

 

 

新卒で一年未満の退職というと、
とてもマイナスに感じるかもしれいが、
今では「第二新卒」という枠があるように、
社会的にも認められている。

 

 

昔のような、

 

「3年未満で辞めたら人生詰む」

 

ということを信じで、
いざ3年経って転職活動した時に、

 

第二新卒の方が転職しやすい、
ということもあったりするのだ。

 

 

そのため、新卒新人の早期退職者にとっては、
優しい時代になったと言える。

 

 

早期退職が憧れから決意に変わった時

私は早期退職したいと、
パワハラを受けた時から思っていたが、
なかなか行動に移すことはできなかった。

 

 

しかし、仕事で人材コンサルタントと話をする機会があり、
自分の気持ちにスイッチが入った。

 

 

「早めに何か行動しないと、
会社に流されて、
毎日パワハラされて人生が終わる・・・」

 

 

この焦りが、次第に決意へと変わり、
私は会社に「仕事辞めたいです」と、
宣言した。

 

 

会社は新卒の新人であった私を考慮して、
部署異動という対応をとった。

 

 

結果的にこれが良い選択となり、
ホワイトな環境に移ることができ、
私はブラック部署を脱出することができた。

 

 

@早期退職を現実に
先ほどもお伝えしたが、
早期退職を実行に移しやすい時期というのは、
新卒の新人の時である。

 

 

実際に求人表を見たら、
第二新卒向けの求人の多さに、
びっくりするだろう。

 

 

それだけ若いということは、
特権なのである。

 

 

しかし、逆に若いというのはデメリットがあり、
時間が経てばどんどん歳はとるもの。。。

 

 

あの時動いておけば、、、
という後悔は本当によくある。

 

 

今ならまだまだやり直しはできるし、
未経験なことでも挑戦できる時期。

 

 

現在仕事がとても辛い新人の方は、
その特権がなくならないうちに、
できるだけ早く動くことをおすすめする。

 

真(まこと)おすすめの転職エージェントはこちら



真(まこと)の転職エージェント診断


仕事辞めたい新卒・仕事辛い新人へに戻る