新卒で仕事辞めたいから仕事辞めるに変わる瞬間、再就職に希望見える

ジョブライキの真(まこと)

私はジョブライキの管理人、真(まこと)。
あなたは会社や仕事に支配されていませんか?

真(まこと)の働き方診断

新卒で仕事辞めたいから仕事辞めるに変わる瞬間、再就職に希望見える

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

私、ジョブライキの真(まこと)は、
新卒で地元の有名な大企業に、
就職をしたが、
新人の配属でパワハラ上司が支配する、
ブラック部署に配属になってしまう。

 

 

そして、就職して1年が経たないうちに、
会社に「辞めたい」と言うことになる。

 

 

このブラック部署に配属されたのが、
会社に入ってから3ヶ月目であるが、

 

ブラック部署に配属後、
パワハラ上司から酷いパワハラを受け、
毎日「仕事辛い」という気持ちばかりになった。

 

 

「仕事辞めたい」をごまかす日々

私がパワハラ上司がいる、
ブラック部署に配属になった後、

 

私は毎日、仕事中も、
仕事をしていない休日の時も、
「仕事辛い」という気持ちで、
いっぱいだった。

 

 

この「仕事辛い」という気持ちは、
「仕事辞めたい」という気持ちの、
ごまかしのようだったと今となっては思う。

 

 

普段、会社員として、
仕事をしていると、
色々と嫌なことがあり、
弱音を吐きたくなる。

 

 

そんなネガティブな発言の中でも、
私が最も言ったら負けだと思っていたことが、

 

「仕事辞めたい」

 

であった。

 

 

自分にとって、

 

「仕事辞めたい」

 

という言葉は、

 

辞めたいんなら、
なんでさっさと辞めないんだ!
と思うようなネガティブな発言。

 

 

絶対に思ってはいけないと、
信じ込んでいた。

 

 

しかし、この考えは、
今となっては、
ただ強がっていただけであったと思う。

 

 

私は上司からパワハラを受けている時、
仕事辛い…仕事辛い…
と思いつつも、

 

そのパワハラに頑張って耐えていると、
思っていた。

 

 

しかし、その忍耐というのは、
ただの、

 

「仕事辞めたい」

 

ということに対しての、
ごまかしであった。

 

 

「仕事辞めたい」と言えない理由

私が「仕事辞めたい」と
素直に言えないのは、
明らかに自分のプライドが、
邪魔をしていた。

 

 

いくら、
新卒で運悪くパワハラ上司がいる、
ブラック部署に偶然入ってしまったとしても、

 

どんな理由であれ、
新卒で入社1年未満で会社を辞めてしまったら、
1年以内で会社を辞めた奴として、
今後の人生を生きていかなければならない。。。

 

そう思っていた。

 

 

そのため、
何が何でも3年は、
ブラック部署で耐えよう!

 

ということを決意していた。

 

 

私は自分がブラック部署にも、
耐えることができるという、
何か自信のようなものを、
つけようとしていたのかもしれない。

 

 

しかし、この考えは、
大きな間違いであることに、
気づく。

 

 

ブラック部署からの脱出、
やり直しというのは、
遅いと手遅れになる可能性があるのだ。

 

 

ブラック企業、ブラック部署からの脱出はタイミングが命

私はブラック部署に配属後、
毎日が本当に地獄のようだったが、
3年経てば、何かしら時間が解決してくれるかもしれない、
と思っていた。

 

 

例えば、
3年耐えたらどこかの部署に、
異動できるかもしれないし、

 

そのパワハラ上司が、
違う部署に異動になるかもしれない。

 

 

それか、3年後に、
転職のチャンスがあるかもしれない。

 

 

このような「可能性」があることを、
私は信じていたが、
こんな期待をすることは、
とても危険であることがわかった。

 

 

それがわかったのは、
同じブラック部署にいる先輩から、

 

「あー俺も真(まこと)みたいに、
考えたことあったわー
でも、何年経っても変わんないんだよねー」

 

という話から。

 

 

この先輩も、
私と同じように、
ブラック部署のパワハラ上司に、
苦しめられている一人なのだが、

 

この先輩は既に、
仕事に対してほとんど諦めしか、
感じていないようだった。

 

 

私はこの先輩を見て、

 

受け身で、
時間が解決するのを待っていても、
絶対に状況は変わらないと思った。

 

 

毎日が地獄、

 

この気持ちが時間で解決できないと知った時、
さらなる絶望を感じた。

 

 

「仕事辞めたい」から「仕事辞める」に変わった瞬間

そんな絶望しかない、
私の仕事であったが、

 

ある人材コンサルタントと
話をする機会があった。

 

 

この人材コンサルタントから聞く話に、
私は衝撃を受ける。

 

 

「新卒の場合、
会社を変えるなら早ければ、
早いほど良い」

 

という話。

 

 

いわゆる「第二新卒」という制度ができて以来、
第二新卒の枠の中で仕事を探せば、
ほとんと新卒の時と同じように、
仕事が見つかるという。。。

 

 

逆に3年以上働いてしまうと、
もう第二新卒として見なされず、
一般の転職となり、
高いスキルや経験が求められるようだ。

 

 

こうしたスキルが求められる、
転職となると、
実際のところ3年というのは、
会社員としてはまだまだ未熟で、
どうしても中途半端に見られてしまう。

 

 

それなら、
第二新卒枠で会社を変える、
リスタートした方が、
圧倒的に有利に会社を移ることができる!

 

 

このような話を聞いた時、
私は「仕事を辞めたい」という気持ちが、
怖くなくなり、
「仕事を辞める」という
決意に変えることができた。

 

 

そう、

 

「仕事辞めたい」

 

から、

 

「仕事辞める」

 

に気持ちを変えることが、
できたのである。

 

 

そして、再就職して、
ブラック部署を脱出することの、
希望が見えた。

 

 

もし、あの時、
人材コンサルタントから、
この話を聞いていなかったら、
今でもパワハラ上司の攻撃は続いていただろう。

 

真(まこと)おすすめの転職エージェントはこちら



真(まこと)の転職エージェント診断


仕事辞めたい新卒・仕事辛い新人へに戻る