日曜日の憂鬱な夜の過ごし方。サラリーマンが恐怖乗り越えるサザエさん症候群の対策方法!月曜日が迫る嫌な気持ち克服するには…

ジョブライキの真(まこと)

私はジョブライキの管理人、真(まこと)。
あなたは会社や仕事に支配されていませんか?

真(まこと)の働き方診断

日曜日の憂鬱な夜の過ごし方

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ああ、、、

 

 

刻々と時間が過ぎていく、
今は日曜日の夜の7時。

 

 

もう、8時か・・・・

 

 

ヤバい、携帯いじってると、
時間が過ぎるのが早い。

 

 

9時か、はぁ、
そういえば明日○○する予定だった。

 

 

うわ、、、

 

 

これで目を閉じたら、
明日になる。。。

 

 

日曜日の夜。

 

 

この夜に恐怖を感じている人は、
どのくらいいるだろうか。

 

 

週の中で、
一番寝ることができない日は、
日曜の夜、
という人も多いはず。

 

 

ちなみに私は、
今の会社に入った最初の部署が、
ブラック部署で、

 

常にサイコパスの上司に、
パワハラをされていた。

 

 

この悪魔の部署にいた時というのは、
もう、精神的に、
どうかなりそうだった。

 

 

特に日曜日の夜、
というのは最悪で、

 

パワハラのことを思い出すと、
夜はなかなか寝ることができなかった。

 

 

私の経験を踏まえて、
日曜日の夜の過ごし方をお伝えしよう。

 

 

明日休むとどういう状況になるか冷静に考えてみる

日曜日の夜になって、
最初に考えてみることは、

 

明日自分が休むとどういう状況になるか、
冷静に考えてみることである。

 

 

月曜日が迫ってくると、
明日ズル休みしたい、

 

という気持ちが高まる人は多いはず。

 

 

そういう時は、
実際に休んでみたらどうなるか、
想像してみよう。

 

 

日曜の夜に会社のことを考えると、
憂鬱な気持ちになると思い、

 

会社のことは絶対に考えないようにしようと、
最初は思っていたが、

 

何をしても、やはり、

 

月曜日が「イヤ」

 

という気持ちがある以上、
会社のことは考えてしまうものだ。

 

 

そこで私はあえて、

 

明日休むと、
自分はどういった状況になるのか?

 

ということを、
冷静に考えてみることにした。

 

 

これを考えることで、
不思議なことに、妙に自分では、
落ち着くことができた。

 

 

意外と明日、仕事の量が少ないことに、
気付いたり、

 

凄く嫌で出席したくない会議があったとしても、
冷静に考えると実はそこまで重要ではない、
ということがわかったり・・・

 

なぜか落ち着いて判断することができた。

 

 

理由としては恐らく、

 

明日休む!絶対休むと思った時に、

 

確かに現実を突き付けられるが、

 

本当に明日は休む価値があるのか?

 

ということを、
冷静に考えさせられるからだと思う。

 

 

月曜日を休むことを真剣に考えることで、
なぜか心が休まったことに、
自分自信も驚いた。

 

 

部署異動を前向きに考えてみる

次に部署異動を前向きに、
考えてみることにした。

 

 

この考え方は、ブラック部署にいた時は、
特に心の支えになった。

 

 

今は超ブラックな部署にいるけれど、
この部署から離れれば、
全く違う世界が広がる!

 

 

そう思うことで、
なんとか我慢できる気持ちを、
たもつことができた。

 

 

この「我慢」というのは、
ずっとこれからも続く「我慢」ではなく、

 

今のこの状況、
最悪な状況というのは、
「短期的なもの」
という自分への言い聞かせである。

 

 

一番マズい考え方が、
今のヤバい状況が、
これからもずっと続くと思ってしまうこと。

 

 

この考え方では、
本当に月曜日の朝が超憂鬱になり、
まさに地獄の始まりになってしまう。

 

 

今の状況というのは、
あくまで短期的なもので、

 

あと少し我慢すれば、
この状況から脱出できる!

 

という考えに持っていくことで、
少しは気持ちが楽になっていく。

 

 

会社を辞めるリアリティーを感じるため動いてみる

ここまでのお話しは、
もう記事を読む前に既に実行している方も、
いるかもしれない。

 

 

しかし、こうして色々と考えていても、

 

やっぱり、日曜日というのは、
本当に憂鬱なもので、

 

どうしても嫌な気持ちは、
取り去ることができない。

 

 

そこでおすすめするのが、
考えるだけではなく、

 

実際に何らかの行動、
アクションを起こしてみることである。

 

 

日曜日の夜が憂欝であるとすれば、
ある時に必ず「会社辞めたい」と、
思ったことがあるだろう。

 

 

しかし、この辞めたい気持ちというのは、
サザエさん症候群の一種であり、
ほとんどの人は「辞めたい」という、
思いだけに留まってしまうことが多い。

 

 

実際に「辞めたい」という気持ちから、
行動に移したことがある人は、
どれくらいいるだろうか?

 

 

例えば、日曜日の夜10時に、
会社を辞めたい気持ちがMAXになり、

 

会社を辞めるために、
まず準備として転職エージェントサイトに登録。

 

 

そして、色々な会社の求人も同時に見だす。

 

 

こんな行動力のある人は、
ほとんどいないだろう。

 

 

しかし、考えてみてほしい。

 

 

このような転職への行動を、
すぐに実行に移した者は、

 

行動を起こしている最中は、
月曜に向かう憂鬱さを、
それほど感じてはいないはずだ。

 

 

なぜなら、

 

気持ちが転職活動に、
完全にシフトできるからである。

 

 

そして、もし、その転職活動で、
良い求人を見つけることができたとしたら、
それは非常に心のセーフティーネットになる。

 

 

例えば、

 

日曜日の夜11時に今の会社よりも、
好待遇、ボーナスも多く、年間休日が多い求人を、
見つけることができたらどうだろう?

 

 

私だったら、

 

「今の会社に囚われる必要ないし、
色々な選択肢あるじゃん!」

 

とメチャメチャテンションが上がってしまう。

 

 

私は実際に日曜の夜に、
このテンションを経験したことがあり、
なぜか月曜日の朝が自然と辛くなくなったことがある。(笑)

 

 

転職エージェントサイトには気軽に無料登録できるので、
まだ試したことがない方は、
一度試してみることをおすすめする。

 

 

真(まこと)おすすめの転職エージェントはこちら



真(まこと)の転職エージェント診断