仕事辛い会社辞めたいは当たり前?支配されない働き方-ジョブライキ-

ジョブライキの真(まこと)

私はジョブライキの管理人、真(まこと)。
あなたは会社や仕事に支配されていませんか?

真(まこと)の働き方診断

仕事が辛い…会社を辞めたい…

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「仕事が辛い・・・会社を辞めたい・・・」

 

 

会社員なら誰もが一度は思うこと。

 

 

人が生きていくために、
お金を得るためにしなくてはならないこと、

 

 

それが仕事。

 

 

「仕事は辛くて当たり前。」

 

 

なぜなら、
お金を得るためなのだから。

 

 

お金をもらうには必ず痛みが伴うもの。

 

 

働いていれば誰でも共感できるはず。

 

 

それを常識として、
私自身必死に働いてきた。

 

 

私は会社員。

 

 

入社当時営業をして、
毎日がむしゃらに働いた。

 

 

しかし、

 

必死に働いていく中で、
あることに気付く。

 

 

私は洗脳されている・・・

 

 

出世街道にのっていた私が、
横道にそれたきっかけであった。

 

 

この洗脳に気付いた時から、、
仕事におけるあらゆる常識やルールに、
疑問をもつようになった。

 

 

私ははたから見たら、
ダメリーマンになったかもしれない。

 

 

しかし、それよりも大切なことを知った。

 

 

洗脳からの脱出。

 

 

あれだけ忠誠を誓って、
会社のために働いていた私。

 

 

その気持ちが変わった私の過去を、
少々長くなるがお話ししていこう。

 

 

新入社員で大手企業に入社

私は大学卒業後、
大手企業に入社した。

 

 

この企業。特に地元では有名。

 

 

周りの友人からは絶対的な安定を手に入れたと、
羨ましがられた。

 

 

私は就職活動で苦労したが、
この大手企業から内定をもらえたことに、
非常に満足した。

 

 

就職活動で苦労したのは、
大手企業への就職にこだわっていたため。

 

 

どれだけ大変でもブランド力のある有名企業で、
働いてみたい気持ち一心で就職活動をした。

 

 

よって、この大手企業からの内定は、
自分のこれまでの人生の成果を表していると思った。

 

 

後はこの企業で働いて、
結果を出していくだけ、
希望がある、明るい未来が待っている。

 

 

そう思っていた。

 

 

私は大きな期待を膨らませて、
この大手企業に入社したのである。

 

 

夢の大手企業

こうして入社をはたし、
憧れの大手企業で、
働くという夢が叶うことになった。

 

 

隅々まで行き届いた新入社員教育、
説明される充実した福利厚生。

 

 

大企業を実感できる、
自分が権力のある場所に所属しているという、
満足感があった。

 

 

そして、新入社員の研修後、
私は配属された。

 

 

配属先は営業の部署である。

 

 

意味深な従業員の言葉

新入社員研修後、営業に配属された私。

 

 

この企業のために尽くす!

 

という気持ちを胸に、
目はギラギラしていた。

 

 

配属部署での挨拶も終わり、
雑談もするようになる。

 

 

すると、
先輩社員から、
意味深なことを言われた。

 

 

「君が次の選ばれし者か。
大変だけど頑張ってね。」

 

 

この時、
私は先輩から言われたこのことばの意味を、
全く理解していなかった。

 

 

選ばれし者・・・

 

 

気になることばだった。

 

 

周りの従業員から意味深なことを言われたのは、
私の配属部署の上司が非常に厳しいと有名だからであった。

 

 

当時、私は社会人なんだから、
上司が厳しいなんて当たり前!

 

 

そう軽い気持ちで考えていた。

 

 

しかし、よくよくその部署について、
詳しく聞いてみると、

 

厳しい部署だけれでも、
一番出征しやすい部署であるということがわかった。

 

 

私はこの時誓った。

 

 

どんなに辛くても、
絶対に諦めずにやり遂げよう。

 

 

私の心に刻み込まれた。

 

 

地獄のスタート

 

忘れもしない、
入社してちょうど3カ月後。

 

 

その日もこれまで通り、
新入社員向けの研修が始まると思っていた。

 

 

その上司からの一通目のメール。

 

 

「今日はこれを君に全てやってもらおう。」

 

 

大量に記載された仕事の案件。

 

 

これをいつまでにやれと、
全ての指示が書かれていた。

 

 

とても入社後3カ月で、
処理できる仕事の量ではない。

 

 

私は上司が自分を試していると思い、
冷静に処理をしていこうと、
一件、一件、できることからしていった。

 

 

そして、その上司に報告。

 

 

すると、

 

これでもか!!!というくらいの罵倒が始まった。

 

 

「おまえはこれまでどんな教育されてきたんだ!!!」

 

 

と怒鳴り散らし、
徹底的な人格否定。

 

 

一回だけではなく、長時間続く、
説教の嵐。

 

 

説教は教育の一環ではあるが、
この上司の場合、度を超えた教育、
それはもうパワハラであった。

 

 

これまで定時で帰っていたのが、
この頃から会社を出る時間が深夜0:00に。

 

 

この状況を初めて迎えた時、
家に着いたのが深夜1:00過ぎ。

 

 

家の中で号泣したのを
今でも忘れない。

 

 

夢にまで見た大企業での仕事。
それがこれ。

 

 

この状況がこれからの人生、
ずっと続くのか・・・

 

 

そう思うとまさに絶望を感じた。

 

 

周りから見たら、
明らかにブラックな環境。

 

 

辞めた方がいい!

 

 

そう思うだろう。

 

 

しかし、

 

私はその時辞めようとは思わなかった。

 

 

その部署は厳しいと言われている分、
圧倒的な出世ルートであるからだ。

 

 

この状況をチャンスとして、
プラスに考えていくしかなかった。

 

 

地獄の残業とパワハラ

地獄の残業とパワハラは、
休まることを知らない。

 

 

まさにその上司はサイコパス

 

 

情では決して揺さぶられない、
どんな屈強な状況でも冷静でいられる、
凄まじい精神力を持つ人間である。

 

 

加えて、営業実績も抜群。

 

 

これまでの成績は、
不動の一位。

 

 

誰もかなう者はいなかった。

 

 

残業時間は毎日会社を出るのが、
深夜0:00。

 

 

家に帰って寝るだけ。そして起きる。

 

 

睡眠時間も少なかった。

 

 

けれども私は諦めなかった。

 

 

どうしても営業で結果を残したかったからである。

 

 

立派な営業マンになる

この過酷な状況の中、
私が仕事を続けていくことができたのは、
そのサイコパスの上司のことばがあったからだ。

 

 

新入社員で営業マンになっていくために、
今の辛さは当たり前のこと。

 

 

誰もが通る道。

 

 

このことばを徹底的に叩き込まれた。

 

 

このことばを信じて、
私はどんなに辛くても諦めることはしなかった。

 

 

そうなると、
次第に上司は私を育てるために、
貴重な時間を割いて教育していただいている!

 

 

といった、

 

上司を中心とした
考えに仕事はなっていった。

 

 

気付き

こうしてずっと歯を食いしばって仕事をしていった。

 

 

そんなある日、
私は仕事で企業の展示会に参加した。

 

 

企業のブースで商品説明をしていると、

 

同業者ではなさそうな、
少し怪しい人に声を掛けられた。

 

 

どうやら役員クラスの専用の、
ヘッドハンターであった。

 

 

そのヘッドハンターは大きな展示会に出向き、
役職が高い人の引き抜きを行っているとのこと。

 

 

私はまだ会社に入ったばかりなので、
もちろんヘッドハンティングされる対象ではない。

 

 

しかし、そのヘッドハンターとはなぜか気が合い、
休憩中にも話をした。

 

 

私にとって大きな転機となった時である。

 

 

常識とは

この話の流れで私がヘッドハンティングされて、
別の会社に転職するようなストーリーを想像するだろう。

 

 

しかし、答えはNOだ。

 

 

そのヘッドハンターにはヘッドハンティングはされていない。

 

 

しかし、仕事について重要なことに
気付かされた。

 

 

それは、

 

私があらゆる常識という言葉に、
支配されていたということである。

 

 

ヘッドハンターからは、
転職業界については詳しく話を聞くことができた。

 

 

中でも非常に説得力があったのは、

 

世の中には今の給料よりも良い条件の企業は多く存在し、
現状と全く違う環境で働くことができる道は、
いくつもあるという話。

 

 

特に転職をすすめられるような、
営業トークをされたわけではない。

 

 

しかし、ヘッドハンターの言葉には重みを感じた。

 

 

給料は会社ごとに違う・・・

 

 

どんなに苦労して辛い思いをして働いたとしても、
会社ごとに給料の上限は決められている。

 

 

楽しんで働いている者が自分の2倍の給料をもらっているとしたら、、、

 

辛い思いをして働いている自分はいったいなんだ・・・

 

 

確かに、
仕事をしていくうえで苦労、辛さはある。

 

 

苦労や、辛さを乗り越えてこそできる、
経験というものもある。

 

 

しかし、世の中には自分よりも稼いで、
しかも楽しみながら仕事をしている人は現実にはたくさんいるというのだ。

 

 

私は

 

仕事=辛いもの

 

そう思っていた。

 

 

なぜなら徹底的に上司からそう指導されたからだ。

 

 

楽しく仕事をして稼ぐことなんてできない。

 

 

それが常識だと思っていた。

 

 

しかし、このヘッドハンターとの出会いで、
常識というものに疑問を感じるようになった。

 

 

過激になる上司のパワハラ

常識に疑問を感じる中、
上司のパワハラはさらに過激になっていった。

 

 

罵倒される毎日。

 

 

私のストレスは極限まできていた。

 

 

これまで私は上司のこの言葉を信じて、
仕事をしてきた。

 

 

「立派な営業マンになるために、
今の辛い状況がある。」

 

 

上司に訪ねる

過酷な日々が続いたが、
私はある日、上司に訪ねてみた。

 

 

いったい今のような状況が、
いつまで続くものなのかと。

 

 

すると上司はこう答えた。

 

 

「おまえが独り立ちするまで、
あと10年はかかる。」

 

 

あと10年・・・

 

 

自分には耐えられないと思った。

 

 

地獄の生活があと10年も続く。

 

 

この瞬間、

 

私の中で何かが途切れた。

 

 

私はここで何をしているのだろう。。。

 

 

洗脳が解ける

私はこれまでの仕事にについて、
全て疑問を感じるようになった。

 

 

あらゆる常識となるもの。

 

 

仕事のあり方、働く時間、などなど。

 

 

私は新入社員として、
サイコパスの上司がいる部署に配属されたので、
社会人としての善し悪しの判断基準は、
全てこの上司に植え付けられた。

 

 

しかし、

 

実際にはサイコパス上司の常識とは、
一般的な社会人の常識とは、
かけ離れたものが多かった。

 

 

長時間罵倒され、
怒鳴り散らされる説教を耐えることで成長する。

 

 

果たしてこれは常識なのか?

 

 

 

しかし、現実にはそんな上司ばかりではない。

 

 

日本全体でみれば、
サイコパス上司というのは会社の中では少数である。

 

 

冷静に考えれば、
この異常さにすぐに気づくはず。

 

 

しかし、洗脳されていた私には、
そのことに気づくことができなかった。

 

 

脱出計画

私はクビを覚悟で人事に今の状況について、
相談することにした。

 

 

営業をどうにか辞めたいという相談である。

 

 

今の営業部署は出世コース。

 

 

今後10年、辛くても我慢さえすれば、
誰もが羨む地位につくことができる。

 

 

しかし、私はそれを捨ててでも、
営業を辞めなければならないと思っていた。

 

 

一番大きな理由。

 

 

それは自分の中で、
この地獄のような生活が当たり前、
常識になってしまうことを、
非常に恐れたからである。

 

 

サイコパスの上司を見て、

 

自分が将来、ああなりたいのか・・・?

 

 

絶対になりたくないと断言できるようになった。

 

 

大手の企業であれば、
人事部はしっかりしているはず。

 

 

だが・・・

 

人事に相談するのは抵抗があった。

 

 

というよりも勇気がなかったのが、
正直なところである。

 

 

最悪の事体、私がもう今の会社にいられないような、
状況になってしまうことも恐れた。

 

 

正直なところ、かなり迷いはあった。

 

 

そんな中、

 

私はあのヘッドハンターのことを思いだした。

 

 

私は新入社員なので、
ヘッドハンティングされるような立場ではない。

 

 

しかし、転職の手段は色々あるはず!

 

 

そう思い、インターネットで転職の方法について調べ、
転職エージェントサイトの存在を知り、登録をしてみた。

 

 

人事部に相談するか迷っていた時に、
私の背中を押してくれたのが、
転職エージェントであった。

 

 

事実、

 

転職エージェントは、
こんな気持ちで悩んでいる私の相談に乗ってくれ、
色々と会社を紹介してくれた。

 

 

そして、
何よりも人事に営業を辞めたい!
という気持ちを伝える勇気を持つことができた。

 

 

私は勇気を振り絞った。

 

 

自分の気持ちをはっきりと人事に伝えたのである。

 

 

「営業を辞めたいです。」

 

 

自分が思った以上に人事は心配してくれて、
部署移動の話しを進めてくれた。

 

 

例のサイコパスの上司からは色々と言われたが、
社内の移動に関することが意外にもスムーズに進み、
私の部署移動が正式に決まった。

 

 

私は部署移動後、
営業を辞めて事務職になった。

 

 

職場は前の営業とは全く異なる場所にある。

 

 

前のサイコパスの上司とは、
もうほとんど会うことはない。

 

 

私の働き方は営業の頃とは大きく変わった。

 

 

確かに残業はあるが、長くて8時まで。
深夜0:00なんてありえない。

 

 

上司からの理不尽な説教も
無くなった。

 

 

地獄からの脱出である。

 

 

同じ会社?

 

 

と思うくらい、
状況が変わってしまった。

 

 

私のこれまでの営業経験はなんだったのか?

 

 

私は部署移動後、

 

 

「洗脳されていた。」

 

 

と心から思った。

 

 

洗脳された状態で一番怖いのは、

 

洗脳されている時は自分自身で「洗脳されている」
ということに気づくことができないことである。

 

 

洗脳が解けて、
はじめて洗脳だとわかるケースがほとんどだ。

 

 

私は仕事で辛い思いをしている方々に、
強く伝えたい。

 

 

今のままで本当にいいのか?

 

 

何か常識にとらわれていないか?

 

 

洗脳が解けた時、
別の世界が広がる。

 

 

ちなみに、
私はこのような経験をしたからか、

 

知人から仕事の職場環境の悩み、
転職について相談を受けることが多い。

 

 

そんな時は、

 

今、あなたは洗脳されていないか?

 

 

というこれまで伝えてきたことを、
まず伝えるようにしている。

 

 

働く場所が変わると、
常識も変わる。

 

 

今、あなたが働いている会社の常識は決して全てではない。

 

 

仕事で辛い思いをされている方、

 

是非勇気を振り絞り、
一歩踏み出してみてはどうだろうか?

 

 

私も本当に営業を辞めるという決断をするまでに、
何度も悩んだ。

 

 

だからこそ、その気持ちもわかる。

 

 

しかし、なかなか他人に相談できない、
ということは多いのではないだろうか。

 

 

そんな時には私がしたように、
まず転職エージェントに相談してみることを
おすすめする。

 

真(まこと)おすすめの転職エージェントはこちら

 

 

真(まこと)の転職エージェント診断

 

 

 

 

仕事辞めたい・・・毎日が辛いあなたへ

仕事辞めたい、毎日が辛いというのは、
けっして当たり前のこと、
我慢すべきことではない。

 

 

嘘のような話だが、
この社会には毎日楽しく、おまけに休暇もあって、
給料も良い仕事をしている人は、
たくさんいる。

 

 

今の会社に本当に騙されていないか、
一度あなた自身の目で確かめてほしい。

 

真(まこと)おすすめの転職エージェントはこちら

 

 

真(まこと)の転職エージェント診断